YAMAHA EADで遊んでみた

2019年3月1日

東京でお世話になっているstudioBPM神田にて、ちょっと面白い機材をお借りしました。

YAMAHA EAD=Electric Acoustic Drums

ステレオマイクとプリアンプ、レコーダーが一体化したもの。
バスドラムのフープにマイクを取り付けるだけで録音が出来ます。
プリセットで色々なサウンドキャラクターが選べて、これがかなり面白い。

動画ではディレイで遊んでみました。

ライブでも面白い使い方がたくさんできそうですね。小さいハコでもリバーブをたくさん足したり、コンプレッサーで歪ませたり、色んなアイディアが湧いてきます。

マイナスワンにあわせての録音も簡単なので、マイクをたくさん立てなくてもレコーディングの練習ができます。録音した音って生音と全然違ったりしますが、そのへんのシミュレーションが手軽にできるのも良いですね。上達の大きな助けになります。

BPMに常駐されているドラムテックの的場さんに教えていただきました。
的場さん、ありがとうございます!

追記。加工前、iPhoneでの録り音はこんな感じ↓

無料メルマガ「ドラムと身体」

整体、武道、アレクサンダーテクニック、フェルデンクライスメソッド、初動負荷理論など僕が学んできた様々なボディワークの経験を総動員し、ドラムに役立つ「コツ」をお伝えするメルマガです。最新のレッスン内容のシェア、ワークショップ情報もお送りします。 登録はこちらから(メルマガ配信サイト「リザーブストック」のページに飛びます)

プライベートレッスンのご案内

山北式ドラム身体理論
レッスン案内はこちら