YAMAHA EADで遊んでみた

東京でお世話になっているstudioBPM神田にて、ちょっと面白い機材をお借りしました。

YAMAHA EAD=Electric Acoustic Drums

ステレオマイクとプリアンプ、レコーダーが一体化したもの。
バスドラムのフープにマイクを取り付けるだけで録音が出来ます。
プリセットで色々なサウンドキャラクターが選べて、これがかなり面白い。

動画ではディレイで遊んでみました。

ライブでも面白い使い方がたくさんできそうですね。小さいハコでもリバーブをたくさん足したり、コンプレッサーで歪ませたり、色んなアイディアが湧いてきます。

マイナスワンにあわせての録音も簡単なので、マイクをたくさん立てなくてもレコーディングの練習ができます。録音した音って生音と全然違ったりしますが、そのへんのシミュレーションが手軽にできるのも良いですね。上達の大きな助けになります。

BPMに常駐されているドラムテックの的場さんに教えていただきました。
的場さん、ありがとうございます!

追記。加工前、iPhoneでの録り音はこんな感じ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください