タム移動の特効薬

2018年8月1日

シンコペーション・ブックの47ページは「アクセント」の課題になっています。この課題を利用して、セット間の移動の練習ができます。

アクセントを「キック+シンバル」
それ以外を「スネア」

動画の後半では、アクセント以外の音を「スネア→ハイタム→ロータム→フロアタム」と次々に移動させています。

ハイタムの時は猫背または前傾姿勢を利用します。ロータム、フロアタムでは、さらに「腰、股関節のねじり」を利用するとラクでしょう。叩きたい場所の真上にスティックを持って行きやすい姿勢を探ってください。

無料メルマガ「ドラムと身体」

整体、武道、アレクサンダーテクニック、フェルデンクライスメソッド、初動負荷理論など僕が学んできた様々なボディワークの経験を総動員し、ドラムに役立つ「コツ」をお伝えするメルマガです。最新のレッスン内容のシェア、ワークショップ情報もお送りします。 登録はこちらから(メルマガ配信サイト「リザーブストック」のページに飛びます)

プライベートレッスンのご案内

山北式ドラム身体理論
レッスン案内はこちら

Posted by koichi yamakita