スティックワークを自由自在にする親指の使い方

2019年3月2日

スティックを自在に動かすためには、親指の付け根が柔軟であることが大切です。

親指の動きはココが起点(図の赤丸)。

で、大切なのがこの動き。

[youtube https://youtu.be/vL-I8RYdGnE?rel=0]

親指が動きにくい人は、スティックを親指で支えるのを一度やめてみるといいですよ(中指&手のひらの端っこで支える)。慣れるまでは落としそうで不安になると思いますが、そのぶんスティックが解放され、手も自由になります。

無料メルマガ「ドラムと身体」

整体、武道、アレクサンダーテクニック、フェルデンクライスメソッド、初動負荷理論など僕が学んできた様々なボディワークの経験を総動員し、ドラムに役立つ「コツ」をお伝えするメルマガです。最新のレッスン内容のシェア、ワークショップ情報もお送りします。 登録はこちらから(メルマガ配信サイト「リザーブストック」のページに飛びます)

プライベートレッスンのご案内

山北式ドラム身体理論
レッスン案内はこちら