慣れというのは恐ろしい

情報発信の仕方を変えてみた。

ドラムはドラム、個人的な事は個人的なことと、書く場所を完全に分けることにした。こちらのブログは、もちろん個人的なこと。ドラムと関係ないことも書く。

大阪芸大出身の若い生徒と話していたのだが、モーラー奏法は彼の周囲では全く広まっていないと言う。僕自身はこの10年でずいぶん広まったと感じていたので、認識にかなりのギャップがある。

もう1人、高校を出たばかりの若い生徒は、僕の発信は難しいのでなかなかレッスンに行こうとする勇気が出なかったと打ち明けてくれた。

慣れというのは恐ろしい。僕にとってはもはや普通のことであっても、何も知らない人から見たら普通ではないということだ。このギャップには、本当に気をつけないといけない。

もちろん、何でもかんでも懇切丁寧に説明することがいつも良いとも思わないが、少なくとも、僕が伝えようとしている世界の入り口に立ってもらう事ができなければ、こちら側の世界だけでいくら発展させても意味がない。

とにかく知ってもらわないと始まらない、入り口に立ってもらわないと始まらないということを痛感する。

そんなことを踏まえての、情報発信の方向転換だ。必要な人のところに情報が届きますように。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です