コリや痛みの本当の原因

今日は自宅サロンで施術。昨日飛び込みで施術を希望された方を受けられず今日になった。デスクワーカーの女性で、パソコンからくる目の疲れ、腰痛、睡眠の浅さなど、自律神経の乱れに伴う典型的な症状だった。

施術後。
「私はこんなに疲れていたんだとわかりました。眠いです」

張りつめていたのがなくなると、そういう感じになることが多い。「今日はゆっくり休んでくださいね」と終了した。

最近思うのは、体のコリや痛みはほとんどが「脳」の問題なんじゃないか?ということ。

アスリートでもない限り、激しい運動による疲労で筋肉が固くなることなんて滅多にない。
ほとんどの場合、脳が筋肉を固くする命令を出しているのだ。

「猫背が原因で肩が凝る」などというのも、本当は原因と結果が逆だと思う。

猫背だから肩が凝るんじゃなくて、
肩が凝るから猫背になるのだ。

対処法は?
脳が出している余計な命令を「オフ」にしてやれば良い。

そもそも、なぜ脳は余計な命令を出してしまうのか?

ストレス、自律神経の乱れ。
ほとんどはこれだ。

その次に、習慣、クセ。
間違った身体の使い方に慣れてしまっていること。

いや、理由があってその動きになっているのだから、別に間違っているわけではないのだが・・・。全てはバランス。

思考を変えるのでも、施術でも、それこそアロマの香りでも、入り口は何でも良い。話をするだけでみるみる顔色が良くなっていく人もいる。治れば何でも良いのだ。

すべての方法に共通するのは、信頼関係を築くこと、安心できる場所を作ること。
それさえあれば、施術はほとんど上手くいったも同然だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です