テンポキープ(10カウント)

2019年1月10日

「10カウント」という練習方法のご紹介です。メトロノームにあわせて「10」数える間、ストロークを一定に保ちます。

ここでは3つのバリエーションをご紹介します。

[uk-alert style=”success” title=”この練習の目的”]
ストロークの「ムラ」をなくし、安定したリズムを身につける!
前ノリ・後ノリの感覚を身につける!
動きのムダをなくし、スピードを上げる!
[/uk-alert]

1.ストロークのムラをなくし、安定したリズムを身につける

文字通り、ストロークを安定させる練習です。一打一打、同じようにスティックを跳ねさせてください。

2.前ノリ・後ノリの感覚を身につける

自分のリズムが安定したら、少々メトロノームとずれても平気で戻れるようになります。バンドを前へ後ろへ、自在に引っ張る感覚の基礎になります。

3.動きのムダをなくし、スピードを上げる

ストロークが安定するということは、動きのムダがなくなるということです。ムダのない動きで、スピードアップに挑戦してみましょう。

無料メルマガ「ドラムと身体」

整体、武道、アレクサンダーテクニック、フェルデンクライスメソッド、初動負荷理論など僕が学んできた様々なボディワークの経験を総動員し、ドラムに役立つ「コツ」をお伝えするメルマガです。最新のレッスン内容のシェア、ワークショップ情報もお送りします。 登録はこちらから(メルマガ配信サイト「リザーブストック」のページに飛びます)

プライベートレッスンのご案内

山北式ドラム身体理論
レッスン案内はこちら

Posted by koichi yamakita