モーラー奏法の特徴

モーラー奏法にはいくつかの特徴があります。

グリップ

最大の特徴はスティックの持ち方「グリップ」です。モーラーブックから写真を引用して説明しますね。

右手  

国内の多くの教則本の内容と根本的に違うのは、親指と人差し指が離れていること。この写真には、次のような解説がついています。

スティックは、ほぼ小指だけで握る。
スティックがドラムに当たるときは
他の指をごく軽く、スティックに
触れるだけという程度に閉じる。

これは一番パワフルで安全なグリップだが、
硬くなく、解剖学的に正しく、
腕を楽に上げることができ、
緊張や疲労を防ぐことができる。

マッチドグリップに関してはこれが基本になります。国内の多くの教則本では「親指と人差し指で支点を作る」となっていますが、まったく違いますね。

親指と人差し指で支点を作る方法では遠心力でスティックが前に飛ぼうとするので、それを抑えるために握りこむ必要があります。結果、親指の付け根が必ず疲れてしまいますし、サステインも短くなってしまいます。スティックを握りこまないというのが最重要ポイントなんですね。

モーラーブックには「小指でしっかり握る」と書かれていますが、「動きを自然にし、スピードを上げるには脱力すること」とも書かれています。速さによるストロークの変化にも言及されており、テンポが上がるほど動きがコンパクトになることが読み取れます。

左手  

上が良い例、下が悪い例。スティックを握り込むのではなく、指を伸ばすのが良いというのは右手と同じですね。

上記で紹介したグリップはスネアしかなかった1920年代のもの。ドラムセットの出現により、現在ではさまざまな形に発展しています。

「ねじれ」

モーラー奏法の最大の特徴が「ねじれ」。腕より先に肩が反応し、ねじれを戻す波を伝えるような動きで叩きます。筋力を使わず、腕の重みを利用します。

バディ・リッチ、ヴィニー・カリウタ、デイヴ・ウェックル、デニス・チェンバース、アーロン・スピアーズなどの映像を見ると、アクセントやタム移動のときに肩が先に反応し、ねじれの動きが腕からスティックに伝わっているのが確認できます。

脱力と、その先にあるもの  

モーラー奏法には「脱力」が必要です。

モーラー奏法では、意識で力を入れることができる筋肉(屈筋)はほとんど使いません。そのかわり、日常で無意識に使っている強い筋肉(伸筋)を多用し、伸筋のはたらきを「感じながら」演奏します。

人間はただ立っているだけでも、体重を支える強力な筋肉が無意識に働いています。そういった「無意識の力」を味方につけるのがモーラー奏法の本質です。

ドラムを叩くのに「筋トレ」は必要ありません。無駄な「力み」を自覚し、その力を抜く練習が大切になります。