モーラー奏法というと、「新しい、特別な奏法」のように思われる方もいるかもしれません。
しかし、実は新しくも特別でもなく、とても古くからある奏法です。

歴史を簡単にまとめておきましょう。

モーラーブック

1925年、アメリカでサンフォード・モーラーという人が
「モーラーブック」という本を発表しました。
これが、モーラー奏法が世に出た最初です。約90年前、すごく昔の話ですね。

moeller_book_mr.jpg
左:モーラーブックの表紙 / 右:モーラーさん(出典:モーラーブック)

モーラーさんは、奏法を考え出したのではありません。
古くからある奏法をまとめて本にしたのです。

モーラーブックの前書きに次のようなことが書いてあります。

1862年、ジョージ・B・ブルースという人が
陸軍のためにスネアの奏法を教える学校を開いた。
モーラーは、その奏法が国や世代を超えて
あらゆるドラミングの基礎になっていると確信していた。

モーラー奏法のルーツですね。

1862年といえば南北戦争(1861~1865)の最中で、
戦地で命令やら合図やらの信号を出すためにスネアドラムが使われていたようです。
こうした信号のための奏法を、陸軍の学校で教えていたのでしょう。

モーラーブックに載っている練習曲の中にも「朝食」や「疲労」など
いかにも戦場らしいタイトルのものがけっこうあります。

まあ「朝食」なんかは緊急度は低いでしょうが、
戦場での信号ということでたとえば「弾切れ」や「負傷」など、
間違えて伝わると即負け(=死)につながる緊迫した場面もあったはずです。

前線で砲弾の飛び交う中、騒音に埋もれない大きな音で、確実に、しかも長時間・・・
生半可な技術ではダメだったと思われます。

モーラー奏法の背景にはこういう歴史があるわけです。

モーラーの弟子たち

モーラーは、自分がまとめた奏法をいろいろな人に伝えました。

ジーン・クルーパ
ジム・チェイピン
ジョー・モレロ

などは、モーラーに直接習ったことが知られています。

ジーンクルーパのスタイルは、ルイ・ベルソンバディ・リッチに受け継がれます。
派手な動きでショウアップされたドラムソロは、
モーラー奏法のひとつの特徴を活かしたものと言えるでしょう。
バディ・リッチの奏法は、さらにフレディ・グルーバーという人に受け継がれています。

ジム・チェイピン(1919~2009)の教則DVDは、
伝統的なモーラー奏法の最高の教材です。
また、デイヴ・ウェックル、トーマス・ラング、ドン・フェミュラーロなど、
彼に師事したドラマーは数え切れません。

ジョー・モレロ(1928~2011)も教則DVDが出ています。
「Take Five」のソロの人ですね。ジャズ・レジェンドです。

他にもモーラーの弟子はたくさんいたと思われますが、
なにせ現在はモーラーの孫くらいの世代なわけで、
孫弟子にあたる人や影響を受けた人たちは数え切れないほどいることになります。

一口にモーラー奏法といっても、現在はいろいろな形に発展・変形して
実践されていると考えるべきでしょう。