パラディドル

一般的なとらえ方

「Pa Ra Did Dle、Pa Ra Did Dle」
「パラディド、パラディド」
「1 e & a、2 e & a」

4つのパルスが最初からあって、
それに手順をあてはめる。

RLRR LRLL

「動き」を中心としたとらえ方

RLR LRL

の動きが最初にあって、
まずは「間(ま)」を味わう。

「間」のところも音で埋めて遊んでみると、
結果的にパラディドルになる。