フットワーク、座り方のコツ 〜体幹のヒントは「フラダンス」!?〜

フットワーク、座り方のコツ 〜体幹のヒントは「フラダンス」!?〜

ドラムは椅子に座って演奏する楽器なので、椅子をどのように使うかで演奏に大きな違いが出てきます。

特に違いが出るのがフットワーク。バスドラムとハイハットの操作は、2つの考え方に分かれますね。

一つは「ひたすら脱力して、脚の重さを利用する」という考え方。
もう一つは「足元で体重を支えて、体重移動を利用する」という考え方です。

それぞれの特徴をまとめてみましょう。

ひたすら脱力して、脚の重さを利用する

脱力の初歩の段階では、こちらの方法を徹底的に練習するのが良いでしょう。腕もリラックスしやすくなり、いわゆる「腕の重さで叩く」という状態に持っていきやすくなります。

練習方法としては、椅子に座って「足だけジャンプ」。このとき体重は椅子の上に比較的まっすぐに乗っています。

コツは、足が跳ね上がる瞬間だけ力を使い、あとは出来るだけ脱力を保つこと。
楽に大きな音が出せるので、そういう音が必要なシチュエーションに適しています。

しかし実はこの方法、小さな音が出しづらいというデメリットがあります。これは次の方法に譲りましょう。

足元で体重を支えて、体重移動を利用する

この感覚を掴むためには、立った状態で次の動作を練習します。ドラムセットがなくても出来ますので、是非やってみてください。

1.両足で立ちます。
2.膝を軽く曲げ、かかとを地面から離します。
3.そのまま片足ずつ、ゆっくり「足踏み」を行います。忍者歩きの要領で、足音がしないように。頭の位置もできるだけ左右にブレないようにしてみましょう。

こうすることで体幹のインナーマッスル、いわゆる腸腰筋を働かせることができます。

上手に出来ると、足腰の動きがまるで「フラダンス」のように、ゆっくりユラユラした感じの動きになります。

この足踏みをドラム椅子に座った状態で行うのが「体重移動」で鳴らすフットワークの基本になります。椅子には水平方向の圧がかかりますね。

足をゆっくり下ろすことで、小さい音も容易に。体重を載せれば、大きな音にもできる。奏法を切り替えることなくダイナミクスがつけられるのが、この方法のメリットです。

ジャズのフェザリング、サンバキック、2連打の「弱→強」の流れなど、この方法を採用すると非常に遠近感のある表現が可能になってきます。

以上、フットワークの考え方でした。参考にしてみてくださいね!

後者の方法を詳しく解説しているのが下記になります。是非活用して頂き、映像と写真の合わせ技で多面的に捉えてみてください。

活きたグルーヴを身につけるための「独習! 電子ドラム」 【CD付】

モーラー奏法とその応用2 ~身体の可能性を引き出す「脱・モーラー」の身体理論~

 

身体感覚を対面でお伝えするセミナー「ドラマーのための身体塾」はこちら

3/19(月)大阪
https://resast.jp/events/248375
3/22(木)東京
https://resast.jp/events/248376

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。