グリップの真実

2019年1月8日

今日はグリップについて、多くの人が気付いていないであろうことを書きます。

それは「親指と人差し指で持つ」ということの意味。

確かにジェフポーカロも「まず親指と人差し指で持つ」と言っていますし、僕もドラムを始めた15歳の頃、先輩からそのように教わりました。

これをどう解釈するか?

それが、その後のドラミングスタイルに大きく影響します。

「親指と人差し指で持つ」と言った時、解釈は大きく2つに分かれます。

〈解釈A〉親指と人差し指でスティックを「固定して」、残りの指で動かす

〈解釈B〉親指と人差し指でスティックを「動かして」、残りの指は支える

両者は力の向きも、体の使い方も真逆になります。

日本のドラム教室では、多くの場合、解釈Aを習います。

しかし、ジェフポーカロが演奏で行なっているのは解釈B。

「親指と人差し指でスティックをつまんで、つまんだところを自由に動かしてね♪」

というのが、ジェフポーカロが伝えようとしたことなんですね。

今回はとても大切なポイントなので動画を付けます。ぜひ研究してみて下さいね。

◆DVD『モーラー奏法とその応用 ~本気で取り組む奏法改革~』

大音量や高速連打でも痛くならない・疲れない!
モーラー奏法の基礎からドラムセットへの応用までを体系的に解説したDVD3枚組。2014年当時のマンツーマン・レッスン1年分の内容を網羅しています。

→Amazonの口コミ評価を見る

◆DVD『モーラー奏法とその応用2 ~身体の可能性を引き出す「脱・モーラー」の身体理論~』


 ゴーストノートもタイムキープも自由自在!
脱力主体の前作では実現できなかった「コントロール」に重点を置いたさらに実用的な作品。多彩な音色・音量・アクセント・グルーヴをマスターするヒントが満載です。

→Amazonの口コミ評価を見る

無料メルマガ「ドラムと身体」

整体、武道、アレクサンダーテクニック、フェルデンクライスメソッド、初動負荷理論など僕が学んできた様々なボディワークの経験を総動員し、ドラムに役立つ「コツ」をお伝えするメルマガです。最新のレッスン内容のシェア、ワークショップ情報もお送りします。 登録はこちらから(メルマガ配信サイト「リザーブストック」のページに飛びます)

プライベートレッスンのご案内

山北式ドラム身体理論
レッスン案内はこちら