ドラムのこと( 2 )

Category
「場」の力を味方にして、苦手を克服する話
「苦手なことを克服するためには、歯を食いしばって頑張らねばならない」 そんなふうに思っている人がいたら、ちょっと見方を変えてみるのも良いかもしれません。夢中で取り組んだ結果、気付いた時には苦手が克服できている・・・そんな考え方のほうが上手くいくこともあると思うんです。   ポイントは・・・ 「場」の力を味方に...
脱力をサポートするアロマ、香りの力
リラックス・脱力は、心理的な状態に大きく影響を受けます。技術でカバーできる部分もありますが、それ以前に心身のバランスが大切だというのは誰もが納得されるでしょう。 そこで役立つのが「香り」の力です。 実はこの半年、僕はアロマオイルの働きについて体感と猛勉強を繰り返してきました。 香りは0.2秒で大脳辺縁系に到達し、感情や...
2月の「ドラマーのための身体塾」
毎月開催、ドラマーのための身体塾。 今月のテーマは「パラディドル」です。 パラディドルって、それ自体がとてもメロディアスな手順。 右手をタムに振り分けたり、バスドラムとリンクさせてお洒落なリズムパターンに展開したりと、とても応用範囲が広いですね。 さらにお馴染み RLRR LRLL RLLR LRLL RRLR LLR...
エレドラ本第二弾、出ました!
『活きたグルーヴを身につけるための 独習!電子ドラム』 ヤマハミュージックメディアから1月19日に発売されました! 前作「今日からはじめる電子ドラム」が大ヒットしたことから頂いた今回の企画。今回は中級者向けということで、前作以上に身体の使い方を掘り下げました。 振り幅に頼らないアクセント、ゴーストノート、胸骨操作に基づ...
筋肉がなくても人は動ける。骨格だけで歩く「受動歩行ロボット」の衝撃
生徒さんから教えてもらった動画に衝撃を受けたのでご紹介します。 5分くらいの動画です。 《革新のイズム》 第59回:歩行支援ロボットで福祉に革新をもたらす研究者 佐野明人 これ、凄くないですか!? だってモーターもバネも、何の動力もないんですよ!? 人間で言うと、筋肉がなくても骨格だけで歩けるってことですから・・・。 ...
力まないコツ
速く叩きたい、大きな音で叩きたいのに 力んでしまって身体がついて来ない・・・。 頭ではリラックスした方が良いと わかっているのに・・・。 上達したいドラマー共通の悩みですね。 今回は「速いフレーズや大きな音を リラックスして実現するためのコツ」 を書きます。 なぜ力むのか? 力みの背景には「心」があります。 「失敗して...
ドラマーのための身体塾
ほぼ月イチ開催、ドラマーのための身体塾。 毎回様々なレベルの方がご参加くださり、楽しく学んでいます。 今月は東京が22日、大阪は昨日24日でした。 このところ特に意識しているのは、積極的に質問を頂くということ。 僕からの一方通行の説明やデモではなく、 参加者の方がキャッチしたい情報を キャッチしたいその瞬間にお伝えして...
ドラム中級者がぶつかる上達の壁と、それを乗り越える3つのヒント
ドラム中級者が陥りがちなポイントとして、「上達を焦るあまり練習が空回りしてしまう」という状況があります。 とにかく練習時間を増やしてみたり、たくさん教則本を買ってみたりするけれど、頑張っている割には成果が感じられない・・・。 そんな時期に意識するとよい、ちょっと意外な3つのポイントをご紹介します。 1.感覚にフォーカス...
DVD『モーラー奏法とその応用2 ~身体の可能性を引き出す「脱・モーラー」の身体理論~』
3年ぶり、2作目となる教則DVDをAmazonにて販売開始しました。 Amazonはこちら https://www.amazon.co.jp/dp/B075V8SRCQ/ タイトルの「脱・モーラー」という言葉は、初期から通ってくださっている生徒さんから頂いたアイデア。形にとらわれず、本当に自由なドラミングを実現するには...
高松でワークショップでした。
17~18日は高松で2回目のドラムワークショップでした。 www.facebook.com 身体の使い方でサウンドは本当に変わります。   僕はドラムよりも「身体」を構造的に捉えているので、普通にドラムを練習しているだけでは気付きにくいことをお伝えします。   それはその人の従来のやり方を否定することになる場合も多々あ...