11月「ドラマーのための身体塾」のおしらせ

『ドラマーのための身体塾』
~ドラマーなら知っておきたい身体のこと〜

身体を知れば、奏法が見えてくる。

上達の妨げになっている無意識の「クセ」に気付き、

本来の身体の動きを引き出す方法とは?

今回のテーマは「効果的な基礎練習の組み立て方」。
6連符を題材に身体の使い方を学びます。

シングルストローク(RLRLRL)
ダブルストローク(RRLLRR LLRRLL)
パラディドル・ディドル(RLRRLL)
6ストロークロール(RLLRRL)

などなど・・・

様々な手順がある6連符は、3連に当てはめたり、16分に当てはめたり、はたまたキックを組み合わせたりと、非常に応用範囲が広いリズムです。手順やフレーズはもちろん、強弱や音色変化をも含めた練習方法で幅広い表現を可能にしていきましょう。

・歌モノに役立つアクセントとゴーストノート
・リズムのバリエーションを広げるラテンの手順
・フットワークとの組み合わせ
・ファンク的な粒立ちハッキリの表現(ガリバルディ的な)
・ジャズ的な波打つ表現(フィリージョー的な)

などなど、演奏の幅を広げるヒントをお伝えします。

・平坦な表現から抜け出したい
・ゴーストノートが苦手
・アクセント表現の精度を上げたい
・左右バランスを改善したい
・手足のコンビネーションを改善したい
・音量アップ、スピードアップのヒントがほしい
・腰痛、腱鞘炎にならない奏法を身につけたい

といった方にオススメします。
身体の使い方を見直して、理想の音に一歩近づいてみませんか?

今回は秘伝の練習メニューをプレゼントします!

<東京>
11/23(金・祝)19:00-21:00
文京シビックホール 練習室2

詳細・お申し込みはこちら
https://resast.jp/events/303586

<大阪>
11/28(水)19:30-21:30
大阪市立芸術創造館 音楽練習室大

詳細・お申し込みはこちら
https://resast.jp/events/303579

日程が近い告知になり申し訳ありません。
お会いできることを楽しみにしています!

DVD『モーラー奏法とその応用〜本気で取り組む奏法改革』

DVD『モーラー奏法とその応用2〜身体の可能性を引き出す”脱・モーラー”の身体理論』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください