8ビートのバリエーション

ピーター・アースキンの教則本「ドラムセット・エッセンシャルvol.1」で紹介されている練習方法の一部です。効果バツグンなので当レッスンでも取り入れています。ページの最後に譜面を置いてありますのでプリントアウトしてご覧ください。

この練習の目的

グルーヴを養う。
二つのパート(右手とそれ以外)を同時に演奏することで、アンサンブル時に共演者を聴く能力を高める。

この練習は、「a」から「i」までの9パターンあります。
上の動画はそのうちの「d」、ハイハット片手16分のパターンです。

全パターンの演奏動画へのリンク

パターンa ハイハットが4分音符
パターンb ハイハットが8分音符
パターンc ハイハットが8分ウラ
パターンd ハイハットが16分音符
パターンe ハイハットが2分音符
パターンf ハイハットが「タンタタ」
パターンg ハイハットが「タタタン」
パターンh ハイハットが「ウッチー」
パターンi ハイハットが「チーズン」

この手の練習は効果バツグンなんですが、地味なのであまりウケないんですよね~。笑
シンプルなので一見すると簡単そうに見えるのですが、いざやってみると・・・というやつです。メトロノームにあわせて、安定したビートが叩けるようにしましょう。歌い方、休符の感じ方が大切です。

譜面です。
クリックすると大きくなります(jpeg)。
プリントアウトしてご利用ください。